せどりに古物商許可は必要。

前回の記事に せどりを実践って書いたのですが。。

なんと このままやると 違法行為になるところでした。

そうなんです 「古物商許可」が必要なんですよ。知ってました?

私 知りませんでした。

いろいろ 検索して調べていたのですが 要するに「グレーゾーン」な感じなんですよね。

古物商許可なしで せどりで稼いで捕まったとか 聞かないし。

まあ 多分このまま始めちゃっても 大丈夫とは思うのですが。

子供いなかったら ぶっちゃけ 始めちゃっています^^ が、

やっぱりね きちんとした方が良いですよ。

っということで 念のため 警視庁に電話して聞いてみました。

なんか 怖いと思ったのは 私がビビりだからでしょうか?

愛想のない奴が対応してくれました。

私「インターネット上で 例えば ヤフオクで物を買って アマゾンで売ったりして 利益を出したいと考えているのですが

その場合 古物商許可は必要ですか?」

っと 単刀直入に聞きました。

愛想のない奴「それは要するに 古物を買い取って 古物を売るということですか?」

私「はい そうです」

愛想のない奴「だったら 必要です。」

私「そうですか」

愛想のない奴「はい」

。。。。。なんか ムカつく^^

っで 古物とはな〜に?

古物とは

一度使用された物品。若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

↑引用:http://www.office-suzuki.biz/kobutsu/

これっていわゆる中古品だけでは 無いっぽいんです。

新古品もそうらしいのです。

不使用でも売買がされたものも 古物になります。

っていうことは?

どこかの店舗で ワゴンセールされてた新品を買ってきて どこかで売るのも許可が必要になります。

よね?

あと!

利益を出そうという意志があるということと、ある程度の継続性があるということ

利益を出すことを目的としているか否かという意志も、問題にされるのは本人の意志ではなく、客観的にそう見えるかどうかということ

↑引用:http://www.office-suzuki.biz/kobutsu/

どこかのサイトで ブックオフで買った分は良いとか書いてましたが。

私は、利益を出す為に 買って 売るのであれば 「古物商許可」が必要だと 解釈しました。

私は 明らかに利益を出すつもりで始めますので

とっておいた方が良いということになります。←許可を取らなければならないだろ?

なので 警察に行かなきゃならないのですが なんか いややな~ っと

思う今日この頃です。

許可を取るまでは こっそり準備します^^

あ、売らないですよ!

では。


私が出会った自動収益化するための教材とは?


運命の物語をお話します。^^


以下のフォームにご入力の上
送信してください。
折り返しメッセージ致します。

 


こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

職業:WEBマーケティング業


こんにちは ついこの間まで せっせせっせと音楽活動をしていましたが いろんな出会いがありまして 現在「WEBマーケティング業」をやっています。 WEBマーケティング業って いいでしょ?響が^^ 要するに サイトを運営して アフィリエイトで稼いでいます。 未だに「アフィリエイト怪しい」とか言われる事がありますが きちんと説明すると 立派なビジネスだとわかってもらえます。 実際 いろんな企業が広告を出してますよ。 それで やってみたら楽しいんですよ^^ そんなに 能力とかいらないんで 私でもできるんです。 そして 何が楽しいかと言いますと「このビジネスを始めて 見える景色が変わった。」 という所です。 自分が 変わっていくのが 面白いです。 なので、 今まで書いた記事達は 音楽の事が多かったですが これからは ビジネスの事を 掘り下げて書いて 変化する楽しさや お金を産み出す楽しさを 伝えていければと思います。 ビジネスの事は「こちら」に書いていきます。 それでは!