退職代行とは?具体的なサービス内容や注意点を調べてみた

diary To think

退職代行サービス。
最近では、NHKでも取り上げられていましたので、聞いたことのある人は多いと思います。
でも、詳しいことはあまりわかっていないのではないでしょうか。

退職をするまでには、周りや上司との関係などにおいて精神的にとてもしんどくなることがあります。

退職代行サービスは、そんなあなたの強い味方になってくれるかもしれません。
まずは退職代行サービスについて知ることが大切です。

そこで今回は、以下のように退職代行サービスのことをできるだけわかりやすく説明していきます。

  • 退職代行でどんなことができるのか
  • 業者を選ぶときの注意点
  • 費用はどのくらいかかるのか

この記事を読むと上記のことが理解できます。

退職代行で出来ることは?業者によって違いはある?

退職代行とは

  • 退職を考えていても何らかの理由で会社や上司に言い出せない
  • 人手不足がわかっているので言いづらい
  • 退職を希望しているのに受け付けてくれない
  • パワハラに会って、すぐにでも辞めたい

上記のような悩みを抱えている人のために退職への道しるべを示し、その道程を助けてくれるサービスです。

ただ、業者によって代行できる範囲が違うので、あなたに合った代行業者を探す必要があります。

退職代行には大きく分けて、民間が行うサービスと弁護士が行うサービスがあります。

弁護士にお願いするというのは、少し敷居が高いように思いますね。
民間の業者なら、何社かに相談して選ぶことも、気軽にできそうです。

ですが基本的に、依頼者から報酬をもらって企業に対して退職の交渉を行うことは、弁護士(弁護士法人)だけしかできません。

ですので、民間業者ができることには制限があるのです。

民間の退職代行サービスが出来ること

  • 退職者の代わりに、退職の意思を会社に伝える
  • 依頼者の相談に応じ、退職までのサポートをする

退職したいという意思を伝えることができない、どんな風な手順で退職をすればいいのかわからないというような悩みをお持ちの場合は、民間の業者でも十分対応ができると思います。

希望によっては、転職に向けてのアドバイスなどにも対応してくれる業者もあります。
民間の場合は、退職に際しての精神的な支えになってもらえるという部分の方が大きいように感じます。
一人で悩んでいるよりは、退職について経験豊かな人に話を聞いてもらい、退職への方向性を示してもらうだけでも、心が軽くなります。

ですが、会社からのコンタクトを業者が代わりに引き受けることはできませんので、最終的には、本人がしっかりと動かなくてはなりません。
 
事務的な作業や退職に伴う会社との交渉などが予想されない場合は、民間のサービスでも問題はないと思いますが、いわゆるブラック企業やパワハラなどにより退職を希望している場合は、会社から何らかの賠償請求などが起こされる恐れもありますので、弁護士の代行サービスの利用をお勧めします。

弁護士の退職代行サービスで出来ること


弁護士による退職代行では、このようなことができます。

  • 退職の意向を会社に伝える
  • 退職手続きのアドバイス
  • 退職金、パワハラなどによる慰謝料の請求
  • 未払いの給与を請求する
  • 退職日や社会保険、仕事の引継ぎなどでのトラブルへの対応

退職についての様々な手続きやトラブルを本人に代わってほぼすべて対応してくれます。
もちろん会社からのコンタクトも弁護士が仲介者として対応してくれます。

会社とはもう関わりたくない、接触したくないと思っているのでしたら、やはり弁護士による代行サービスの方が良いでしょう。

退職代行サービスにかかる費用


民間サービスと弁護士によるサービスとでは、多少差があるようですね。

民間サービスの相場は、3~5万円です。
正社員の場合とパート・アルバイトでは費用が違います。
また、退職後の転職のサポートなどを希望する場合は別途費用が掛かることもあります。

弁護士のサービスでは、5~7万円が相場と言われています。
代行の内容が多岐にわたっていますので、割高になるのは仕方ないかもしれませんね。

退職の際、事務手続きの代行をお願いする場合は、別に手数料がかかることもあります。
また、残業代や給与の未払い、退職金や慰謝料などの請求は、弁護士による法的行為になりますので、着手金や成功報酬を払わなくてはならない可能性があります。

費用については、それぞれの業者により多少の差がありますので、まずは電話やメールで相談の上、詳しい内容を聞いておきましょう。

退職代行とは?具体的なサービス内容や注意点を調べてみた まとめ

会社を辞める時は、どんなに円満退社が予想されるときでも、神経を使うものです。
ましてや、上司とのトラブルや同僚とのいざこざ、仕事上の問題などが少しでもあれば、退職を言い出すことは、とても難しくなります。

あなたが、周りに対して気を使う人であればある程、その困難さは大きくなってしまう事でしょう。

もう一度あなたの人生において今の仕事、今の会社が本当に意義のあるものかをしっかりと考えてみてください。
そして、どうしても辞めたいと思うなら、それがあなたにとっての正解だと思います。

それでも、「会社を辞めたい」という言葉が言えないときは、退職代行をお願いする方法もひとつですよ。

その時は、あなたの会社の性質や以前に退職された人の話などを聞いたうえで、

  • 精神的支柱になってもらえる民間
  • すべてを任せてしまえる弁護士による退職代行

以上のどちらを選ぶのか、じっくり考えて決めてください。




ーーーーーーーーーーーーーーーーー

周りの人間や環境に依存しまくりの人生からおさらば出来る
その第一歩が踏み出せるメールストーリーを配信中
↓↓↓↓↓↓
精神的自立を手に入れると全てが上手く行く
※レポートを無料プレゼント